先生紹介〜きく組〜🌼

今日は園内で地震と火災を想定した避難訓練を行いました。なかにはサイレンの音を聞いて泣き出してしまう子もいましたが、先生のお話をよく聞いて、スムーズに避難することができました。あくまでも今日は”訓練”。地震や火災などの災害はいつ、どこで起きるか予想がつかないので、子どもたちの安全をしっかり守っていけるように、職員一人一人が強い意識を持って日頃の保育に携われるようにしていきたいと思います。

 

さて、そんな今日は先生紹介、第4弾!!きく組のかな先生です。まずは、きく組の子どもたちの様子からお伝えします⭐️(活動は先週金曜日の様子です🎶)

 

 

この日きく組では、梅雨の壁面制作に取り組んでいました☺️

 

 

作っていたのは、雨の日にはとても大切な”傘☂️”!!材料は紙皿を用いて。模様になる部分は、いろんな種類の折り紙を手でちぎり、傘の模様に合わせて順番に貼っていきました✨

 

 

↑こんなふうに、模様の1箇所にだけ貼っていく取り組みでしたが、みんな先生の説明をよく聞いて、しっかり取り組めていました☺️♡

 

 

 

 

1枚1枚丁寧に貼って、素敵な傘が出来上がりました!!この傘はのりが乾いたら棒を付けたり、他にも梅雨にちなんだものを作って壁に飾っていきます🎵完成版は梅雨の壁面として、後日またブログにて紹介しますので、お楽しみに〜⭐️

 

ここからは、きく組の”かな先生”の紹介をします😀☆かな先生は、幼稚園の先生になって今年で2年目ですが、とてもしっかり者!!そんなかな先生も実習はゆたか幼稚園で行い、先日あやめ組で紹介した『責任実習』もゆたか幼稚園で行いました。

その時の様子がブログにあります🎵こちら→ 『ドキドキの責任実習♡ばら組』

 

 

 

たった2年前ですが、実習生の時より表情が頼もしくなりましたね!!✨これからのゆたか幼稚園を背負っていく、未来のエースです☺️☆そんなかな先生の子どもの頃は・・・

 

 

赤ちゃんの頃はよく眠る子で、ミルクを飲むのも忘れてしまうほど、よく寝ていたそうです。幼稚園の頃は、おもしろいことをして周りの人を笑わせることが大好き!そんな明るくて元気いっぱいな女の子でした♡

 

 

小学生になると、2年生になる少し前からバトミントンクラブに入り、毎日真面目に練習に取り組む日々。数多くの大会で、たくさん成績を残すことができたそうです⭐️写真にあるトロフィーに賞状、小学生で獲得するなんて、素晴らしいですね!!✨

 

 

高校生でも部活動に情熱を燃やし、部活動を通して責任感が育ちました。友だちに頼られることも多く、自分のことを後回しにして応える”優しい子”だったそうです🎵責任感の強さやいい意味での負けず嫌いさは、今も健在!!幼稚園に就職した今も、大きな責任感を持って毎日子どもたちと全力で向き合うかな先生です⭐️

そんなかな先生へのお母様からのメッセージは・・・

 

ゆたか幼稚園でたくさんの経験をつんで、愛情深い、心に寄り添える素敵な先生になってください!!

 

短い文章の中にもお母様の思いが詰まっていますね♡今年の先生紹介は、先生たちのお母様にご協力いただいて幼少期や学生時代のお話を聞いていますが、「どうやって聞いているんだろう?」と疑問に感じている方もいるかもしれませんね。実はこのお話はアンケート形式で、お母様に手書きで書いていただいたも。封を閉じ、先生たちには見せずに私の手元まで届けてもらっています。ブログで紹介する際は、パソコンの書式になってしまいますが、アンケートは手書きなのでとっても温かみがあるんです。手書きのアンケートは、ブログ紹介の後に先生たちに返却しているので、先生たちには心のこもった手書きの紙を大切にしてもらえたらいいなぁ…と思っています😊♡

 

〜今日の給食〜