採用Q&A

どのような教育方針ですか?
「がんばる子ども」「思いやりのある子ども」「あいさつのできる子ども」を教育目標に掲げ、「こころも からだも ゆたかに」をモットーに、「当たり前のことが当たり前にできる」子どもを育てます。
先生の制服の決まりはありますか?
服装は基本的に自由です。普段はエプロンにTシャツとズボンなどの動きやすいスタイルです。夏場はハーフパンツ、冬場はトレーナー、フリースなど季節や気温に合わせて調節しています。
幼稚園からはエプロン、ポロシャツ、トレーナー、ジャージなどが貸与され、運動会や保育参観など、行事の際は揃えて着用します。
ピアノの自信がないのですが?
ピアノが弾けることは幼稚園教諭としての必須用件です。もちろん誰しも得意、不得意はありますが「当たり前のことが当たり前にできる」ことを教える立場として、自信を持てるように努力することが大切です。先輩たちも頑張る後輩を全力でサポートします!
子ども達が帰った後の仕事はどんな仕事がありますか?
保育室の掃除や翌日の準備、行事毎の作業や全職員、または学年での打ち合わせなどを行います。特に新人の先生には打ち合わせなどを通して、分からないことや不安な部分はしっかりフォローしていきますので、安心して日々の保育に取り組むことができます。
また本園では、日案や週案、クラス日誌や要録などを全てパソコンに打ち込んで管理していますので、保育の計画や毎日の記録がつけやすく、クラスや子どもの様子を全職員が共有することができます。
見学や実習はできますか?
見学は随時受け付けています。実習については一度お問い合わせ下さい。自主実習については1日からでも受け入れ可能です。夏休みなどの長期休業中も預かり保育を行っていますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

*幼稚園が行事等の場合には希望に添えない場合もありますのでご了承ください。

先生たちの雰囲気はどんな感じですか?
先輩後輩に関わらず、保育の相談はもちろん、プライベートな話も気兼ねなくでき、必要に応じてフォローやアドバイスをもらえるので自然と先生同士の絆も深くなります。
また先生同士の繋がりから情報共有がしっかりと出来ていて、子どもたちの様子や各クラスの様子を一人ひとりの先生が把握できているので、子どもたちはもちろん、先生の成長もみんなの力で支えます。
笑顔と笑い声の溢れる職場なので、みんなで和気あいあいと楽しく仕事をしています!!
出勤、退勤時間は何時ですか?
朝は7:00~8:00までに出勤。(早番やバス当番によって個人差があります)
帰りは17:15に終礼をして退勤となります。(行事やその日の仕事内容によって多少前後することもあります。)
帰りが遅くなることはありますか?
まず幼稚園教諭という職業に関わらず、社会人のルールとして、仕事の終わりというのは時間によって決まるものではなく、自分のなすべき仕事が終わった時が本当の終わりであるということを念頭に置いてください。
その上で、幼稚園教諭という仕事は毎日子どもたちと向き合い保育を行います。仮に翌日の保育の準備が終わっていないのに、「時間になったから」と言って帰ってしまったら翌日の保育はどうなるのでしょう?実際に保育を行うにあたって、事前の環境設定や準備等が出来ていてこそ、初めて子ども一人ひとりに目を向けた寄り添った保育に繋がるのです。
もちろん、個人の能力や経験年数によってこなせる仕事量に差があり、学年、行事によっても仕事量の差は生まれるため、状況に応じてクラスや学年の垣根を越えて手伝いに入るなど仕事量の調整を行うことで全体のバランスをとるようにしています。
どのくらい休みはもらえるの?
日曜と祝祭日、行事開催・土曜自由当園の当番以外の土曜日がお休みです。夏休みや冬休みなどの長期休みの間は行事以外は当番制での出勤となります。
採用試験はどのような内容ですか?またどんなことが重視されますか?
採用試験では面接と実技(ピアノ)による選考を行います。
挨拶や身だしなみなど社会人としての基本はもちろん、笑顔や協調性も幼稚園教諭になる上では欠かせないものです。
そして何より本園に合いそうな人を採用します。その為にはまず、園の見学や実習などを通して、あなた自身が本園のことをより良く理解した上で自分と向き合うことが大切だと考えています。
四年大卒と短大卒では採用が異なりますか?
給与面において基本給が異なりますが、採用にはまったく関係ありません。
結婚、出産後も仕事はつづけられますか?
仕事が続けられる環境であれば、もちろん大丈夫です。続けられる環境とは、「通勤可能な範囲に居住している」「ご家族の理解を得られる」ということです。
また、結婚を期に一度退職して、子どもがある程度大きくなってから、職場に復帰している先生もいます。独身者が多い職場にあって「ママさん先生」は、育児相談などにおいて貴重な存在となっています。
車で通勤できますか?
できます。交通費についても全額支給されます。

入園案内へ

ページの先頭へ戻る