創作絵本

ゆたか幼稚園では、年中組から「こどものためのコンピュータプレイ」を導入しています。年長組では卒園記念として創作絵本の制作を行います。園児達が描き上げた、世界にたった一冊しかない創作絵本。ワクワク!ドキドキ!子ども達のきらきらした笑顔を思い浮かべながら、ページをめくって下さい。

創作絵本制作にあたって

ゆたか幼稚園で、コンピュータを初めて20年が経ち、子ども達の大好きな活動になりました。卒園までの2年間の活動では、「何かを教える」ことより、子ども達自身がコンピュータに興味を持って関わりあう「自発的な活動」を重視し、その成功や失敗を通して「体験的にわかること」とともに「わかることの楽しさ」や「考える力」を育てることを大切にしてきました。
コンピュータグラフィックによる「お絵描き」は、コンピュータの基本的な操作や多面的な機能を活用し、そうした具体的な体験から「慣れ親しむ」感覚を育ててきました。さらに、イメージだけでなく「ことば」など言語的表現に慣れるためのプログラムを体験させながら、操作の習熟とともに一人ひとりの個性に合わせた主体的な取り組みや、チームによる共同制作などへ発展させ、「イメージ(絵)」と「ことば」を総合させた表現活動をしてきました。
そしてここに友達と力を合わせて創り出した、世界で一冊しかない、夢いっぱいの「ぼくとわたしのそうさくえほん」ができあがりました。幼稚園生活の楽しい思い出の一つにしてください。

ばらぐみ

ひまわりぐみ

あやめぐみ

さくらぐみ

入園案内へ

ページの先頭へ戻る